節分イワシ煙もくもくで

節分の日が近くなりますと季節の食材としてイワシがお店をにぎわします。

魚を調理する店舗では、うちわ片手にイワシを焼く時間が長くなり、煙はモクモクと上がり周囲にイワシの塩焼きの焼き加減を知らせる匂いが立ち込めてきます。

今日も、一件の魚を扱う料理屋さんからは煙が立ち上がり、火事?と思わせるような煙を立ち上がらせていました。

イワシを焼く煙は鬼の目を傷めて鬼が来るのを防ぐのだ、と昔から言われています。

しかし、あのような大量の煙を家庭で立ちあがらせますと大変なことになってしまうでしょう。

家庭の人数分くらいのイワシならば、魚屋さんのような大量の煙にはならないかもしれませんが、あの壮絶な煙は圧巻でした。

あの店に、鬼は来ない、と誰もが思える強い煙とイワシの焼ける香ばしい香りがどこまでも広がり、周囲の病院や工場、どこまでも今日はイワシの匂いが広まっていくのでした。

イワシはちりめんじゃこ、にぼし、と昔から日本に欠かせない食材として今に伝わっていますが、その素朴な味わいは塩焼きしても断然おいしい食品です。

イワシの塩焼き、イワシのショウガに、イワシのフライ、イワシの天ぷら、と新鮮なイワシを使った料理はおいしくて体に良い食品として知られています。

イワシはつみれにしてお鍋やお味噌汁に入れましてもおいしい食品です。

魚醤の材料ももちろんイワシです。

やはりイワシくらい身近でなくてはならない食品は貴重です。

しかもDHCが豊富といわれます青魚ですから、食べれば頭が良くなるとも言われていますから、子供たちや受験生にもたっぷり食べてもらいたい食品です。

イワシには、オリーブオイルを回しかけてガーリックとトマトをトッピングしてオーブンで焼くというイタリアン的なメニューも可能です。

正に万能の食材、栄養満点のイワシを是非味わってみてください。

どのタイプのイワシ料理が最高か、食べ比べてみますのも飽きない幸せの時間となるでしょう。

七輪・魚焼き・フライパ・鍋・オーブンとすべての調理器具での料理が可能な食材イワシ、バーベキューでもイワシは活躍する食材です。

グリシンの副作用。口コミ情報